バリ島の独自の文化

インドネシアに位置するバリ島は日本人にとっては馴染み深い場所となっています。
ビーチリゾートを満喫することができるため、多くの方が観光旅行に出かけています。
昔から日本人がバリ島へ旅行に出かけることは多かったです。
比較的治安が良好であり、国内では見られない風景や気候が形成されているために、日頃のストレスを発散して、リラックスできます。


バリ島は地上最後の楽園、あるいは神々の島と呼ばれることがあります。
インドネシアの中央部に位置しており、火山島です。
太平洋とインド洋に面しています。
平均気温は24度から32度の間となっており、一年中温暖な気候が続きます。
雨季と乾季に分かれていますが、雨季だからといって一日中雨が降り続けるわけではありません。


面積は東京都の2.5倍ほどの広さがあります。
300万人の人達が生活をしており、主な産業は観光と農業です。
バリというのはコメを表す言葉であり、豊富にコメが収穫されます。
宗教はヒンドゥ-教が盛んです。
左手は不浄の手であり、手づかみで食事をしたり、沐浴をするなどインドに近い生活習慣が根付いています。


このような特徴のあるバリ島の食文化が気になる方は多いでしょう。
特にこれから旅行に出かける予定のある方は、事前にどのような食べ物が美味しいのか、どんな食文化が形成されているのかが気になるでしょう。
そこで、当サイトでは、バリ島の食文化に関して詳しく解説します。
バリ島に興味のある方はぜひとも参考にしてください。

Copyright © 2014 バリ島の食文化について All Rights Reserved.